スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「豊田裕子の奏でる新しいショパン」

2010/05/06 (木)  カテゴリー/未分類

ショパンが生誕200年と言うことで

ショパンが注目される年ですね

 

ショパンと言うと繊細な音楽で

女性ファンも多いとか・・・

確かに綺麗な楽曲も多いですよね

 

今回は豊田裕子さんの奏でる

『Chopin de Cristal』(ショパン・ドゥ・クリスタル)

聞いてみました

 

精霊達のノクターンは

コーラスも入って

素敵なノクターンになっていますよ

 

対照的な楽曲

革命は力強さを感じます

もともとこの曲は

ポーランド出身のショパン。

ポーランドのロシアに対する

革命を起こすがあっけなく

鎮圧された背景があり

その際に作られた曲といわれているだけあって

激しい曲なんですよね

その曲を体全体を使って

演奏する豊田さんは

ノクターンとは、また違う魅力で

魅了してくれますよ。

 





スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。